献血のQ&A

献血とは何ですか?

献血って何ですか?
献血とは、病気やけがで輸血を必要としている人のために、自発的に無償で血液を提供することです。
日本での献血の受け入れは、国(厚生労働省)から唯一、採血事業者として許可を受けている日本赤十字社が行っています。
なぜ献血が必要なのですか?
血液は酸素や栄養の運搬、免疫など人間の生命を維持するために欠くことのできない多くの機能を担っています。
現在、血液の機能を完全に代替できる人工血液は存在しないため、医療において輸血は欠かすことができない治療法となっています。
みなさんの献血によって必要な血液を確保し続けなければ、現代医療は成り立たないのです。
献血は誰でもできますか?
献血にご協力いただく方、輸血を受ける方両方の安全を守るために多くの基準を設けています。詳しくは「献血できる方の基準」をご参照ください。
→献血基準
献血は何歳からできますか?
200mL献血は16歳から、400mL献血は男性は17歳、女性は18歳からできます。成分献血は18歳からご協力いただけます。
献血は何歳までできるのでしょうか?
全血献血(200mL、400mL)および血しょう成分献血は、69歳までです。ただし、65~69歳の方で献血をいただけるのは、60~64歳までに献血をされた経験がある方に限ります。
また、血小板献血は、男性は69歳、女性は54歳までとなっています。年齢のほかに、体重や年間献血回数、さらに医師による血圧や問診等の結果をもとに、総合的に判断された方となります。
献血はどこですることができますか?
血液センターと献血ルーム、そして献血バスでご協力をお願いしています。詳しい献血場所のご案内は「献血できるところ」をご覧ください。
→献血できるところ
県内の献血ルームで比較的スムーズに献血できるときはありますか?
混雑具合は日々異なりますので一概には言えませんが、平日の午前中は比較的スムーズにご協力いただけます。
血液はいつも足りていますか?
医療機関で使用する血液の量が年間を通して一定であるのに対し、献血のご協力には季節的な変動があるため(寒さで外出を控えたり、風邪などで体調を崩すことの多い冬から春先は献血者が減少傾向にあります)、一時的に血液が不足することがあります。兵庫県赤十字血液センターでは、赤血球製剤の適正在庫を1日に医療機関にお届けする量の3日分とし、献血者の確保に努めています。
血液は有効期間があり長期保存ができないため(赤血球製剤で採血後21日間)、定期的な献血のご協力をお願いします。
なお、血小板製剤についても有効期間が採血後4日間と短く、常に一定量確保しなければならないため、成分献血へのご協力も併せてお願いします。
トップページ・けんけつちゃん顔のマーク説明
けんけつちゃん顔のマーク説明
緊急事態です大ピンチ!
緊急事態です
大ピンチ!
困っています 近日でのご協力を!
困っています
近日でのご協力を!
やや困っています 積極的なご協力を!
やや困っています
積極的なご協力を!
よい状態です 引続きご協力を!
よい状態です
引続きご協力を!
ゆとりがあります
ゆとりがあります
※「本日の血液在庫状況」は全血献血の確保状況を示しています。
献血の際に病気に感染することはありませんか?
献血に使用する採血針、採血キット、採血バッグは、すべて滅菌済のものであり、使い捨てですので、献血にご協力いただくことで、細菌やウイルスなどに感染することはありません。

このページのトップへ

献血方法について

献血にはどのような種類がありますか?
成分献血(血小板成分献血・血しょう成分献血)、全血献血(400mL献血・200mL献血)があります。
献血にはどのくらい時間がかかりますか?
採血時間は人によって異なり、全血献血で約10分、成分献血は40~90分ぐらいかかります。採血時間以外に、献血前の受付などに15分程度必要で、また献血後の休憩に10分以上とっていただいています。
400mL献血って、体に悪くないのでしょうか?
400mL献血は男性17歳以上、女性18歳以上で、体重が50kg以上の方にお願いしています。一般的に体内を流れる血液の量は、男性で体重の約8%、女性で体重の約7%と言われており、例えば体重50kgの方でも、男性は約4,000mL、女性は約3,500mLの血液が流れています。医学的にみて循環血液量の15%以内が急速に失われても血液の循環動態には影響がないことが報告されていますので、体重50kg以上の方であれば、男性600mL、女性525mLまでの採血は問題ないことになります。
献血をお申し込みいただいた方のご意思を優先し、献血によって体調を崩すことのないよう、健康状態について慎重に確認した上で、400mL献血のご協力をお願いしています。
200mL献血を希望したら断られたのですが?
血液は一人ひとり微妙に異なり、例え同じ血液型を輸血しても、副作用発生の可能性があります。医療が進歩した現在でも、副作用や未知のウイルスの感染を完全に防ぐことはできないことから、輸血には、なるべく少人数の血液を使用することが望まれます。
そのため、医療現場では400mL献血、成分献血で得られた血液の需要が高まっています。
兵庫県内では、医療機関からの輸血用血液(全血製剤、赤血球製剤)の要請の約95%が400mL献血から作られる血液となっています。
一方200mLの輸血は、赤ちゃんなど、ごく限られた患者さんに対してのみ使われています。赤ちゃんにはできるだけ採血後新しいものが望まれるため、無駄にならないよう毎日の必要数を調整しています。兵庫県内の必要数は1日あたりおおよそ21本です。この21本を確保させていただいた後は、全て400mL献血でのご協力をお願いしています。
輸血を受けられる患者さんの安全性を高めるためにも、基準を満たされている方は、ぜひ400mL献血にご協力をお願いします。
成分献血って何ですか?
成分献血は成分採血装置を用いて、血液の一部を体外に出して血液中の血小板や血しょうだけをいただき、残りを献血者に返す方法です。体内で回復に時間のかかる赤血球は、再び体内に戻しますので身体への負担が軽いため、2週間後には献血にご協力いただくことができます。
その他年間献血可能回数等詳しくは「献血できる方の基準」をご覧ください。
→献血基準

このページのトップへ

献血の前に…

献血のときに必要なものはありますか?
本人確認のため、運転免許証・パスポート・健康保険証などの身分証明書が必要です。
これは、ご本人であることを示していただくことで「自ら提供する血液は安全である」という意識を持って献血にご協力いただき、輸血用血液の安全性をさらに高めるために実施しています。
身分証明書等を持参しなかった場合、献血できるのですか?
次回献血の際に身分証明書等を提示するお約束をしていただければ、献血にご協力いただけますが、3回続けて身分証明書等の提示がない場合は、献血をご遠慮いただいています。

このページのトップへ

問診について

食事をとっていないと献血できないのですか?
二食続けて食事を抜かれた場合や極度に空腹の状態にある場合は、献血者の安全のためにお断りすることもあります。
空腹や脱水の状態で献血をすると、めまいや気分不良などの副作用が起こり易くなります。これらを予防するために採血の前には十分に水分を摂ることをお願いします。
カゼをひいているのですが、献血できますか?
献血していただく方の健康に配慮して、献血にご協力いただけるかどうかを医師が判断させていただきます。 風邪薬を服用している場合はご遠慮いただいていますが、服薬されていない場合は当日の体調を見ての判断になります。
ただし、体調が悪い場合は献血をして副作用が発生する恐れもありますので、風邪をひいていることを医師にお伝えください。
歯医者に通院していると献血できませんか?
口腔内常在菌が血液中に移行する可能性があるため、歯石除去を含む出血を伴う歯科治療を受けた場合は、治療後3日間は献血をご遠慮いただいています。
また、当日の状態により医師の判断でご遠慮いただく期間が延長される場合もあります。
花粉症の薬を飲んでいますが献血できないのですか?
治療中であればその程度によって、また献血に差し支えが出るような強い症状の場合は献血をご遠慮いただいております。
症状が軽い場合は花粉症の薬を飲んでいても多くの場合は献血にご協力いただけます。
→献血いただく前にご確認ください
薬を服用していると献血できませんか?
疾病の種類や薬の種類によって献血をご遠慮いただくことがあります。しかし、ビタミン剤やごく一般的な胃腸薬等の場合には、服用していてもおおむね支障はありませんが医師にご相談ください。
医師による処方が必要な薬を服用している場合は、献血にご協力いただく方ご自身の健康を考慮し、献血をご遠慮いただくことがあります。
また、外用薬やその他についても、医師の判断により献血をご遠慮いただく場合がありますので、詳しくは「献血いただく前にご確認ください」をご覧ください。
→献血いただく前にご確認ください
糖尿病ですが、献血はできますか?
糖尿病の方でもインシュリンや薬物投与を受けておらず、食事療法のみ行っておられ、合併症(網膜症、腎症、神経症)がなければ、献血にご協力いただけます。
ピアスをしていると献血できませんか?
他の方と器具(ピアッサー等)を共用せずにあけた場合、局所に炎症がなければ、1カ月後から献血にご協力いただけます。
ただし、器具を共用して穴をあけた場合は微かに付いた血液を介してエイズウイルス、B型およびC型肝炎などのウイルスが感染している可能性を考慮して、ウイルス感染の有無が確実に検査できるまでの1年間は献血をご遠慮いただいています。
ピアスをあけて3年くらい経っているのに献血ができないと言われましたが?
粘膜を貫通する形(口腔、鼻腔、舌など)でピアスを使用中の場合は、細菌感染の恐れがあるため、献血はご遠慮いただいています。
タトゥー(いれずみ)、アートメイクを入れたのですが献血できますか?
タトゥーや刺青の類を入れた場合は少なくとも1年間はご遠慮いただいております。それ以降は医師の判断によりご協力をお願いしています。
過去に輸血を受けた人は献血できないのですか?
輸血を受けたことのある方は、献血をご遠慮いただいています。
これは、輸血によって、現在の検査方法では検出できないウイルスや未知のウイルスの感染が起こった可能性を考えての制限です。あくまでも、輸血を受ける患者さんの安全を最優先しての制限であり、輸血歴のある方が、現在何らかのウイルスに感染しているとか、病気であるということではありません。
美容形成手術を受けたことがありますが献血できますか?
ヒト胎盤(プラセンタ)由来の注射剤を投与された場合は、献血をご遠慮いただいています。投与の有無と薬剤名をご確認ください。ごく最近手術を受けられた場合は、手術の種類や時期によって献血をお断りする場合があります。
プラセンタ製剤を注射した人が献血できないのはなぜですか?
これまでヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射薬の使用により、vCJD(変異型クロイツフェルト・ヤコブ病)の感染事例は報告されていません。しかし、ヒト由来の臓器から製造されており、念のための措置として献血をご遠慮いただいています。
また、現段階での対象は注射薬のみとなり、健康食品(サプリメント・ドリンク剤)、化粧品、内服薬等は含みません。詳しくは「ヒト胎盤(プラセンタ)由来製剤について」をご覧ください。
湿疹や傷があると献血できないのですか?
採血部位(肘)に湿疹がある場合は、献血をご遠慮いただいています。湿疹に限らず、採血部位に何らかの皮膚病変がある場合にも同様です。採血部位以外の場所に、皮膚疾患や生傷などがある場合にもご遠慮いただく場合があります。
湿疹、傷がある場合は、医師にお申し出下さい。
インフルエンザ(その他)の予防接種をしていますが献血はできますか?
接種後、24時間以上経過して特に症状(接種部の腫れや発熱などのワクチンによる副作用)がなければご協力いただけます。
予防接種は種類により接種後の期間が異なります。不明な点は問診の際、医師にお問い合わせ下さい。
妊娠中でも献血できますか?
献血にご協力いただく方の健康を保護するため、妊娠中、または出産・中絶・流産後6カ月間は、ご遠慮いただいています。
また6カ月以上経っていても、出産後1年以内で授乳中の方も同様にご遠慮いただいています。
現在、低用量ピルを服用中です。ピルを服用している人でも献血はできるのですか?
低用量ピルについては、服用していても献血にご協力いただくことが可能です。体調に問題なければ、ご協力をお願いします。
海外旅行から帰ったばかりですが献血できますか?
海外からの帰国日(入国日)当日から4週間以内の方の献血は、ご遠慮いただいています(国や地域によってはご遠慮いただく期間は必ずしもこの限りではありません)。
これは、輸血によって感染する恐れのある疾患(ウイルス感染症等)によるリスクを軽減するためであり、詳しくは問診の際、医師にお申し出ください。
→献血をご遠慮いただく場合
1980年~1996年の間にイギリスの滞在歴があるのですが、今後絶対に献血はできないのでしょうか?
英国を中心に発生しているvCJD(変異型クロイツフェルト・ヤコブ病)については、輸血による伝播に関して未知の部分が多い一方、牛海綿状脳症(BSE)との関連も強く指摘されていることから、安全が確認されるまでの間、一定期間の滞在歴がある方は、献血をご遠慮いただいています。
詳しくは「献血をご遠慮いただく場合」をご覧ください。
→献血をご遠慮いただく場合

このページのトップへ

検査について

献血の際の検査で病気がわかりますか?
献血申込書の記入時にB型肝炎、C型肝炎、梅毒、HTLV-1抗体の検査結果を希望された方は、異常を認めた場合にのみお知らせします。
また、生化学検査成績、血球計数検査についても希望者にお知らせしています。しかし、各種ウイルスには検出不可能な期間(ウィンドウ・ピリオド)があることから、これら検査結果を知ることを目的とした献血は固くお断りします。
献血をすればエイズ検査の結果もわかりますか?
輸血用の血液として患者さんにお届けするために、献血された血液に対しては非常に厳格な検査を行っています。しかし、献血は検査をすることが目的ではありませんので、HIVの検査結果は通知しておりません。検査を目的とした献血は固くお断りしています。エイズ検査は保健所などで無料、匿名で行われていますので下記でご確認ください。
兵庫県エイズ・HIV情報  http://web.pref.hyogo.jp/hw12/hw12_000000004.html
血色素量が低いと献血できないのはなぜですか?
血色素とは赤血球中の鉄を含む赤いタンパクで酸素を運ぶものです。日本人の場合、血色素量の標準範囲は、男性の場合13.3~17.4g/dL、女性の場合11.2~14.9g/dLとされています。
献血される場合には、献血される方の健康に支障を及ぼさないよう国の法規により献血方法ごとに基準が定められており、この基準は先程の正常範囲に比べ、少し厳しい値となっています。
男女とも血色素量は疲労や睡眠不足など、その日の体調などにより変動することがありますが、特に女性は健康な方でも生理などの影響もあり、血色素量が少なくて献血できない方が男性よりも多くなります。
献血の際の検査で1~2回続けて血色素量が少なかったといって必ずしも貧血とは言えませんが、いつも血色素量が少ない場合には無自覚の貧血症などが隠されていることもありますので、詳しい検査のできる病院でのご相談をお勧めします。
→献血基準

このページのトップへ

献血の後について

献血後の注意点はありますか?
献血会場では水分を摂りながら十分休憩して下さい。また、すぐに運動をしたり、重いものを持ったりすることは避けてください。
当日は、激しい運動や飲酒は控えてください。また、献血後2時間以上経てば入浴は可能です。ただし、針を刺したところは強くこすらないようにして下さい。
献血後、血液が回復するまでの期間はどれくらいですか?
血液は常に再生産され、血小板成分献血、血しょう成分献血の場合は1週間程度で元に戻ります。赤血球の場合、400mL献血は約3~4週間、200mL献血の場合は2~3週間で回復すると言われています。
次はいつ献血できますか?
次回献血可能日は、献血後にお渡しする献血カードに記載されていますのでご確認下さい。
ご協力をいただいた献血の種類や、献血された方の性別によって異なりますが、献血カード「愛-ca」(平成18年10月より導入)では献血方法別の次回献血可能日が一目でわかります。
記載されていますその日からご協力いただけますので、ぜひ献血会場にお越しいただきますようお願いします。
献血後に具合が悪くなったら?
採血後に気分が悪くなったりめまいを感じたら、すぐに座るか、横になってください。通常は頭を低くして30分程度安静にするだけで軽快します。
また、腕の痛みなど何かご心配なときは、すぐに血液センターまでご連絡ください。
※献血後にお渡ししている「献血にご協力ありがとうございます」カードの裏面に当日お越しいただきました血液センター(献血ルーム)の連絡先が記載されています。

このページのトップへ

献血された血液について

献血の血液はどのように使われているのですか?
輸血用血液製剤(赤血球、血しょう、血小板)として使用されるほかに、血しょう中に含まれる特定のたんぱく質を抽出・精製した血しょう分画製剤として使用させていただいています。
→製剤の保存温度・有効期間
輸血に使用出来なかった血液は、どうなっているのですか?
様々な理由で輸血に使用できなかった血液は、日本赤十字社が輸血の有効性、安全性の向上のための研究や安全な輸血のための検査試薬製造等に有効に活用させていただくことがあります。

このページのトップへ

献血登録制について

献血登録制とは、どのような制度ですか?
「患者さんが必要とされている血液」を安定的にお届けするために、血液センターから献血のお願いをした場合にご協力いただける方に登録していただく制度です。登録方法など詳しくは、「献血登録をする」ページをご覧ください。
→献血登録をする
献血登録したらどうなりますか?
電話、はがきで献血のお願いをします。
※皆さんのご体調、ご都合を確認し、無理のない範囲で献血をお願いしています。 詳しくは、「献血登録をする」ページをご覧ください。
→献血を要請するケース
献血登録するのに条件はありますか?
下記の条件を満たしている方に登録をお願いしています。

[1] 献血の基準を満たし、献血のお願いができる方
[2] 定期的な献血以外に血液センターからの献血のお願いに応じていただける方
[3] 成分献血登録の場合は、血小板成分を10単位以上採血できる方

※看護師・医師が最終的に判断し、献血登録がお願いできないこともあります。
→献血登録をする
献血登録に種類はあるの?
「成分献血登録」、「全血献血登録」があります。
Rhマイナスの方はどちらでもよい「区分なし」という献血登録もあります。まれな血液型の方は「全血献血」にご登録ください。
血小板献血が可能な方(男性は18歳~69歳、女性は18歳~54歳)は、ぜひ成分献血登録をお願いします。
→献血登録をする
献血登録の取り消しはできますか?
連絡をいただければ、いつでも登録の取り消し、保留ができます。下記に該当する場合は自動的に取り消しになります。

[1] 連絡が取れなくなった場合
[2] 兵庫県内で3年以上血液センターからの献血のお願いに応じていただけなかった場合
[3] 献血基準などにより献血のお願いができなくなった場合
献血登録情報の取り扱いについて
「電話」、「はがき」による献血依頼などのために、個人情報を利用させていただきます。また、取得した個人情報については適切かつ厳重に管理しています。
詳細については、こちらをご確認ください。
→血液事業における個人情報の取り扱いについて

このページのトップへ

その他

会社(学校・町会・PTA等)で献血をしたいのですが?
献血バスが会場まで出張して行います。献血バスを止める場所がない場合は、採血機材を持ち込み、会議室などを献血会場とするオープン献血も行っています。詳しくは、「献血バスを呼ぶ」でご確認ください。
→献血バスを呼ぶ
ボランティアをしてみたいけどどうしたらいいですか?
兵庫県内の献血会場で献血の呼びかけにご協力をいただいております。詳しくは「献血ボランティアに参加する」のページをご覧ください。
→献血ボランティアに参加する
輸血副作用って何ですか?
免疫反応等による、じんましん・発熱・血圧低下・肺障害やまれに輸血後の感染症(B型・C型肝炎など)を発生することがあります。
骨髄バンクに登録したいのですが?
骨髄バンクの登録・運営は、国および(財)骨髄移植推進財団が行っています。血液センターでは骨髄提供希望者に対するHLA型の検査、登録、HLA型適合対象者の検索などを中心とした骨髄データセンターとしての業務について協力しています。
登録について詳しくは、(財)骨髄移植推進財団 http://www.jmdp.or.jp/ でご確認ください。

このページのトップへ